ふるさと納税

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、
寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が
控除される制度です(一定の上限はあります。)。

また、自分の生まれ故郷だけでなく、お世話になった自治体や応援したい自治体等、
どの自治体でもふるさと納税の対象になります。

総務省の公式サイトより引用

ふるさと納税の仕組み
ふるさと納税は、自治体に対して寄附をした場合、自治体以外に寄附をする場合の
控除に加えて特別な控除が受けられます。

税金の控除を受けるためには、原則として確定申告を行う必要があります。
納税というより実質的には寄付金ですね。
普通であれば住んでいる自治体に納める住民税(の一部)を、
好きな自治体に寄付金として送ることができる制度です。

文字だけではわかりづらい。
ふるさと納税の仕組みの図解を作成してみましたのでご覧下さい。



ふるさと納税をするとまず最初の年は寄付した分だけ多く税金を支払うのことになります。
ただ翌年は前年度の寄付額から2000円を引いた額が税金の控除対象に
なることになります。

これだけなら一旦は2000円分損をしたようにみえますが、寄付をした地方自治体から
もらえる返礼品が2000円で色々手に入れることができるというかなり
お得な仕組みになっています。

返礼品で人気なのは、肉や魚や果物などの地域の特産物が1番人気です。